太陽光発電を設置して環境に優しい暮らしをする

メガソーラーに掛かる費用

太陽光発電は一般の家庭などにも普及しだしており、その有効的な活用は世間に広く浸透してきています。太陽光発電の中でもメガソーラーは企業などの規模の大きい太陽光発電のことを指しています。

詳しく読む

さく井工事とは

さく井工事とは、あまり聞き慣れていない人も多いでしょう。さく井工事は専用の機会を要いて地下深くを流れている水脈を掘り出す作業のことを言います。さく井工事は地下水を有効的に活用するためには不可欠な工事だと言えます。

詳しく読む

シャッターの設置

シャッターを備え付けている建物の数は非常に多いです。その建物の数の分だけ、シャッターが故障して修理を求める声があると言えます。シャッターが故障した際には速やかに修理業者へ連絡を行いましょう。

詳しく読む

太陽光発電にかかる費用

太陽光発電のはとても魅力のある発電方法です。数多くの企業や業者が太陽光発電の利用に積極的になってきており、その流れは一般の家庭にも進出してきています。太陽光発電の導入費用はそれほど高くないのです。

詳しく読む

温泉開発について考える

温泉は身近に存在する娯楽施設の中でも多用な世代に需要があり、顧客の広さが魅力のひとつだと言えます。このことから近年では温泉開発に興味を持つ人が増えてきているのです。

詳しく読む

メガソーラーとは

メガソーラーについて

メガソーラーとは太陽光発電施設の中でも巨大な施設のことをさし、正確には1mw以上の発電量を誇る施設のことを言います。そのため建設費用というのは100億以上が当たり前で、200や300億といった膨大な予算を使われます。なので基本的には個人が運営するものではなく、業者や市町村、メーカーなどが協力して運営する物となっているのですが、それでもこれだけの金額というのは簡単に出せるものではないということでファンド形式で一般から資金を集める問ことが広く行われており、投資の一つとしてメガソーラーに注目が集まっています。必要な最低金額は100万以上というところが多く利回りとしても高額とは言えないのですが、安定性としては高いため年金の代わりに投資をするというつかわれ方もされています。

これまでの歴史について

元々太陽光発電というのは、発電事業者が運営していたメガソーラーを中心としてました。太陽光に限った話ではないのですが、電気の発電というのは施設が巨大なほど発電量が多いのが一般的であり、また維持管理の概念から施設はなるべく一箇所に集めるのが基本で、メガソーラーと言うのは一企業がやるには理にかなっていたのです。その状況が大きく変わったのは福島原子力発電事故以降になってからです。福島原子力発電以降太陽光発電に注目があつまり、同時に国の支援も盛んになったので個人宅での太陽光発電パネルも珍しくなくなります。同時にその補助金を使って発電に参入しようと考える業者も増え、様々な業者がメガソーラーに注目し建設を始めました。